1. ホーム
  2. 支援者向け利用規約

利用規約

この利用規約(以下、「本規約」といいます。)は、スポチュニティ株式会社(以下、「当社」といいます。)が当社のウェブサイト上で提供するサービス(以下、「本サービス」といいます。)の利用条件を定めるものです。会員の皆様(以下、「会員」といいます。)には、本規約に従って、本サービスをご利用いただきます。

第1条(定義)

1. 「会員」とは、クラブチーム等スポーツ団体を支援する者をいいます。会員とは、本規約に同意の上、当社が定める方法により本サービスの利用のために利用登録を申し込み、当社が承諾した者をいいます。会員は、会員資格を第三者に利用させ、または譲渡することはできないものとします。
2. 「クラブチーム等スポーツ団体」とは、本サービスにおいて、支援募集ならびに自らの活動報告を行っている団体をいいます。(以下、「クラブチーム」といいます。)

第2条(適用範囲)

1. 本規約は、本サービスのすべてに対して適用されます。なお、本サービスの利用につき、別途明示的に個別の定めがあり、本規約と矛盾抵触することとなる場合、当該個別の定めが本規約に優先して適用されるものとします。
2. 本サービスの進展に従い、本規約の趣旨を踏まえて本規約に付随する規則や規程が定められた場合に、会員はこれら規則や規程を本規約と同等のものとして、遵守します。

第3条(利用登録)

1. 登録希望者が当社の定める方法によって利用登録を申し込み、当社がこれを承諾することによって、利用登録が完了するものとします。
2. 当社は、利用登録の申込者に以下の事由があると判断した場合、利用登録の申し込みを承諾しないことがあり、その理由については一切の開示義務を負わないものとします。
  (1) 利用登録の申し込みに際して、登録情報の全部または一部につき虚偽、誤記または記載漏れがあった場合
  (2) 反社会的勢力(第19条に規定する者をいいます。) 等である、または資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っていると当社が判断した場合
  (3) 18歳未満の未成年者が、その保護者の同意を得ないで申し込んだ場合
  (4) 本規約に違反したことがある者からの申し込みである場合
  (5) その他、当社が利用登録を適当でないと判断した場合

第4条(利用制限および登録抹消)

1. 当社は、以下の場合には、事前の通知なく、会員に対して、本サービスの全部もしくは一部の利用を制限し、または会員としての登録を抹消することができるものとします。
  (1) 本規約のいずれかの条項に違反した場合
  (2) 登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合
  (3) その他、当社が本サービスの利用を適当でないと判断した場合
2. 当社は、本条に基づき当社が行った行為により会員に生じた損害について、一切の責任を負いません。

第5条(会員IDおよびパスワードの管理)

1. 会員は、自己の責任において、本サービスの会員IDおよびパスワードを管理するものとします。
2. 会員は、いかなる場合にも、会員IDおよびパスワードを第三者に譲渡または貸与することはできません。当社は、会員IDとパスワードの組み合わせが登録情報と一致してログインされた場合には、その会員IDを登録している会員自身による利用とみなします。
3. 会員IDおよびパスワード等の管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害の責任は会員が負うものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。
4. 会員は、会員IDまたはパスワードが第三者にもれた場合、あるいは会員IDまたはパスワードが第三者に使用されている疑いのある場合には、直ちに当社にその旨連絡するとともに、当社の指示がある場合にはこれに従うにものとします。この場合、当社はその会員IDやパスワード等を不正アカウントと して停止することができるものとします。
5. 会員は、定期的にパスワードを変更する義務を負い、その義務を怠ったことにより損害が生じても当社および当社の提携先は一切の責任を負わないものとします。

第6条(届出事項の変更等)

1. 会員は、入会申込の際に当社に届け出た事項に変更のあった場合は、遅滞なく当社所定の様式により届け出るものとします。
2. 当社からの会員に対する通知は、会員が当社に届け出た連絡先に発信することにより、会員に通常到達すべきときに到達したとみなされるものとします。

第7条(会員資格の取得方法・取得時期)

1. 会員資格は、以下の方法により取得するものとします。
  (1) 当社所定の申込フォームに従いオンライン登録
  (2) 会員規約への同意
  (3) 当社から仮登録メールを受領
  (4) 仮登録メールを通じた登録処理
  (5) 当社から登録処理完了の通知後に、会員資格取得
2. 会員資格の取得時期は、当社から会員登録処理の完了を通知した時とします。
3. 本サービスは前1項、2項以外の方法として、Facebook等の第三者が提供するサービスのアカウントを用いて会員資格を取得することが可能です。。なお、第三者が提供するサービスによる認証が完了し、当社ウェブサイトにて認証完了を通知した時に、会員資格を取得したものとみなします。その際には会員は本サービスの利用規約及びアカウント提供元の利用に関する規約に従うものとします。

第8条(支援金)

1. スポーツ団体への支援金 (税込み)は、クラブチームによる支援募集に定義された支援金額コースより、会員により選択されるものとし、当社がクラブチームに代わって受領します。
2. 前項の支援金は、次の事項の場合を除き、毎月の請求が継続されます。
  (1) 会員により退会もしくは変更の手続きが行われた場合
  (2) クラブチームにより支援募集が中断された場合
  (3) クラブチームによる支援募集の終了期間に達した場合
  (4) 支援募集の終了までに、クラブチームによる新たな支援募集のシステム設定がなされなかった場合

第9条(支援金の支払い)

1. 提携先企業を通じた決済とします。
2. 支援金の支払いは、毎月の月末時点での支援金登録内容に基づき、翌月に請求します。
3. 退会時は、退会月の末日までに所定の退会手続完了により、退会月の請求は行いません。
4. 支援金額の変更は、変更月の末日までに所定の変更手続完了により、変更月分より支援額が変更されます。
5. 支援金は、事由の如何を問わず、返金されません。
6. 本サービスの一部が特定商取引に関する法律第13条第1項に規定する通信販売にかかわることとなる場合において、申し込みの承諾の有無その他につき法令に規定される書面による通知が必要となる場合、会員は、当該通知を電子メールにより提供されることにつき、会員規約への同意と同時に承諾します。

第10条(退会)

1. 会員は、随時、所定の手続きを行い、本サービスを退会することが出来ます。退会と同時にその諸権利は失われるものとします。
3. 会員資格は一身専属のものとし、当社は会員の死亡を知り得た時点をもって、当該会員から退会申し出があったものとして扱います。
3. 当社は、本サービスの利用に関し、会員が本規約に違反した場合、当該会員に事前に通知することなく、退会の処分を行う場合があります。

第11条(禁止行為)

1. 会員は、本サービスの利用にあたって、以下各号に該当する行為またはそのおそれがある行為を行ってはならないものとします。
  (1) 本サービスを不正の目的または当社に損害を与える目的をもって利用する行為
  (2) 当社、その他の第三者の知的財産権、肖像権、パブリシティ権その他の権利を侵害する行為
  (3) 当社、その他の第三者の名誉もしくは信用を毀損し、またはプライバシーを侵害する行為
  (4) 詐欺等の犯罪に結びつく行為
  (5) コンピュータウイルスなど有害なプログラム等を送信もしくは提供する行為、または推奨する行為
  (6) 当社、その他の第三者の情報を改ざん、消去する行為
  (7) 当社、その他の第三者の設備を不正に利用し、またはその運営に支障を与える行為
  (8) 法令、本規約、または公序良俗に違反する行為
  (9) 本サービスの運営を妨害する行為
  (10) 前各号の行為を第三者に行わせる行為
  (11) その他当社が不適当と判断する行為
2. 会員が本規約に違反することにより、当社が何らかの損害を被った場合、当社は会員に対して損害の賠償を請求できるものとします。

第12条(当社の責任の範囲)

1. 当社は、会員およびクラブチームが本サービスを利用する際に、コンピュータウイルスなど有害なプログラム等による損害を受けないことを保証するものではありません。
2. 当社は、会員およびクラブチームが本サービスを利用する際に使用するいかなる機器、ソフトウェアについても、その動作保証をするものではありません。
3. 会員およびクラブチームが本サービスを利用する際に発生する通信費用については会員が負担し、当社は一切負担致しません。
4. 当社は目標達成後、クラブチームの活動報告が変更・中止された場合は一切の責任を負わないものとします。
5. 当社は、クラブチームが会員に対して提供する商品またはサービスの提供またはその瑕疵につき、一切の責任を負わないものとします。
6. その他、会員とクラブチームとの間のトラブル、もしくは会員相互間のトラブルについては、各当事者間において解決するものとし、当社は一切責任を負いません。
7. 当社の債務不履行責任は、当社の故意または重過失によらない場合には免責されるものとします。
8. 当社は、何らかの理由によって責任を負う場合にも、通常生じうる損害の範囲内かつ有料サービスにおいては代金額(継続的サービスの場合には1か月分相当額)の範囲内においてのみ賠償の責任を負うものとします。

第13条(会員の肖像等の使用)

当社は、クラブチームが会員に対してイベント型の特典を提供する際、当該特典に参加する会員の氏名・肖像・声等を記録・録画・録音し、広報宣伝を目的として、テレビ・新聞・ラジオ・雑誌・インターネット等で放送、掲載、配信等を行うことがあり、会員はこれらの利用について承諾するものとします

第14条(本サービスの利用中止)

1. 当社は、以下の場合、会員に事前の通知をすることなく、本サービスの利用を中止することができます。
  (1) 本サービスの提供に必要な設備の保守または点検を行う場合
  (2) 本サービスの提供に必要なデータのバックアップ等を行う場合
  (3) 運用上または技術上の理由でやむを得ない場合
  (4) 前各号に準じる場合
2. 当社は、会員に対し、前項の利用中止により、会員が損害を被った場合であっても、その損害につき責任を負いません。

第15条(本サービスの変更および廃止)

当社は、会員に通知することなくいつでも本サービスの内容を変更または廃止することができるものとします。当社は、変更または廃止により会員に生じた損害については一切責任を負いません。

第16条(利用規約の変更)

当社は、必要と判断した場合には、会員に通知することなくいつでも本規約を変更することができるものとします。

第17条(個人情報の取扱い等)

1. 当社は、会員の個人情報を以下の目的で利用します。
  (1) 本サービスの提供およびこれに付随する業務
  (2) クラブチームへの情報提供
  (3) 会費決済会社および当社の提携先(以下、「提携先」といいます。)で会員登録を必要とするサービスを利用するにあたっての情報提供
  (4) マーケティングデータの調査・分析、新たなサービス開発
  (5) 当社の提携先に提供する統計資料作成
  (6) 権利の行使や義務の履行
  (7) 会員相互間、クラブチームと会員間のトラブル等に対応する必要が生じた場合の情報提供
  (8) その他、本サービスの運営上必要な場合

2. 当社および当社の提携先ならびにクラブチームは、前項の利用目的のために、会員ID、氏名、性別、メールアドレス、電話番号、郵便番号、住所、会社名部署名等、生年月日、支援履歴、ポイント等に関する情報を共同して利用することができるものとします。

3. 当社はプライバシーポリシーに従い、個人情報を適切に保護し、個人情報を個人識別が可能な状態で第三者に提供しないものとします。ただし、前2項および次の各号記載の場合はこの限りではありません。
  (1) 法令、犯罪捜査など法律手続の中で開示を要請された場合または公的機関から正当な理由に基づき照会を受けた場合
  (2) 当社が行う業務の全部または一部を第三者に委託する場合
  (3) 合併その他の組織再編、事業譲渡その他の事由による事業の承継の際に、事業を承継する者に対して開示する場合

第18条(準拠法・裁判管轄)

1. 本規約の適用および解釈にあたっては、日本法を準拠法とします。
2. 本規約に関連するすべての訴訟については、訴訟物の価額に応じて、東京簡易裁判所または東京地方裁判所のみをもって、第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第19条(反社会的勢力でないことの表明・確約に関する誓約)

会員は、本規約への同意により、下記の事項について表明・確約をしたこととします。
1. 現在又は将来にわたって、次の各号の反社会的勢力のいずれにも該当しないことについての表明・確約。
  (1) 暴力団
  (2) 暴力団員又は暴力団員でなくなってから5年を経過しない者
  (3) 暴力団準構成員
  (4) 暴力団関係企業
  (5) 総会屋等
  (6) 社会運動等標ぼうゴロ
  (7) 特殊知能暴力集団等
  (8) その他前各号に準ずる者および団体

2. 現在又は将来にわたって、前項の反社会的勢力と次の各号のいずれかに該当する関係も有しないことについての表明・確約。
  (1) 反社会的勢力によって、その経営を支配されている関係
  (2) 反社会的勢力がその経営に実質的に関与している関係
  (3) 反社会的勢力を役職員や顧問としたり、反社会的勢力に紛争解決の依頼や相談をしたりするなど、反社会的勢力を利用していると認められる関係
  (4) 反社会的勢力に対して資金などを提供し、又は便宜を供与するなどの関係
  (5) 役職員又は経営に実質的に関与している者が、反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係

3. 自ら又は第三者を利用して次の各号のいずれかに該当する行為を行わないことについての表明・確約。
  (1) 暴力的な要求行為
  (2) 法的な責任を超えた不当な要求行為
  (3) 取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
  (4) 風説を流布し、偽計又は威力を用いて当社の信用を棄損し、又は当社の業務を妨害する行為
  (5) 換金を目的とする商品の販売行為
  (6) 合理的な理由なく、商品の販売を行う者(代表者およびその関係者を含む)が保有するカード等を使用する、本利用契約にかかる信用販売行為
  (7) その他前各号に準ずる行為

4. 会員は、上記各項のいずれかを満たさないと認められることが判明した場合又はこの表明・確約が虚偽の申告であることが判明した場合は、当社会員登録の拒否もしくは会員資格の一時停止または除名を受けても異議を述べることはできないものとします。これにより損害が生じた場合でも、一切会員の責任とし、当社に損害賠償請求等は行うことはできないものとします。

(2016年10月12日改定)
(2016年9月18日改定)

以上