1. ホーム
  2. 支援プロジェクト

愛媛マンダリンパイレーツ

現在の支援金額

140,000円
/目標額:400,000円

サポーター数

26人

残り期間

6日 (2017/02/28終了)

優勝街道を爆進中の愛媛マンダリンパイレーツを応援するプロジェクト (四国アイランドリーグ Plus 2016後期)

強さ、勇気、優しさをそなえた若手「水軍=パイレーツ」が地域密着で本気で野球に取り組む環境を作ります。愛媛県内で12拠点を又にかけ活躍する若手選手たちがプロ野球を目指します

過去の支援募集プロジェクト

強さと危機感を併せ持つ愛媛マンダリンパイレーツ、地域支援、子供たちのチャレンジを全力サポート!

◆2016シーズンのお礼

 愛媛マンダリンパイレーツが2連覇達成したのは皆様の力添え

愛媛マンダリンパイレーツ(以下、愛媛MP)に興味を持ってくださった皆様、ありがとうございます。ファンの皆様や地元地域の皆様、スタッフに支えられ2016シーズンもリーグ年間総合優勝を飾ることができました。応援してくださった全ての皆様に感謝申し上げます。


※2016シーズンも総合優勝で2連覇達成の愛媛MP
 

次シーズンへ向けて

2年連続でリーグ年間総合優勝を勝ち取りはしたが、我々の目的はここだけではない。独立リーグでの活動は通過点に過ぎないのだ。独立リーグ経由NPB入り。今シーズン優勝したからと言って、2017年度も同じメンバーで戦うわけではない。野球に見切りをつけて去る者、夢にしがみつき再度挑戦する者、新たな夢を見て四国の地に希望を見出して挑戦しに来る者。さまざまの想いを持った者が集まり、再び頂点を目指す戦いが始まる。チームが本格稼働シーズンインとなるのは2017年3月。現時点で今シーズン限り愛媛を退団するものが14人。新規入団が12人(11/30現在)。チームとして優勝を目指しながらも、しっかりと個をアピールする場が四国ILなのだ。

ベスト9にも入っている鶴田選手(捕)も退団する一人だ


去っていくのは選手だけではない。陰ながらサポートを続けてくれた伊藤トレーナーは埼玉西武ライオンズのトレーナーへステップアップを図った。これも個としての夢の実現なのだ。

しっかりと一人一人の選手に向き合う伊藤トレーナー


伊藤トレーナーは感謝の気持ちとともに
「愛媛での3シーズンではトレーナーとしてだけではなく、1人の人間として成長させて頂いた。2度のリーグ優勝と昨年の日本一とパイレーツの新たな歴史に関われたことは、私の誇りであり大きな財産です。この四国アイランドリーグplusという場所は、人生をかけて、命懸けで若者達がチャレンジする、本当に価値ある場所です。」
と球団をはじめ、サポート頂いた方々に感謝の言葉を述べると同時に、これからやってくる新たな挑戦者にエールを送っている。
 
そして弓岡監督も次のステップに歩き出す。オリックス・バファローズの育成統轄コーチに就任するため、監督を退任するのだ。
「プロの技術を教え、選手が付いてきてくれたことが四国ILを2連覇達成した大きな要因。」
と振返り、自身の背番号「77」を永久欠番とする球団にも感謝していると語っている。

永久欠番の記者会見の様子


◆「強さと危機感」

 愛媛MPは地元に密着したプロのスポーツ集団である。オフシーズンなどは地域の幼稚園、小学校、中学校に出向き野球指導を行っている。その背景には子どもたちの運動能力の低下がある。全国的に低下の傾向にはあるが、愛媛はその傾向が強い。特に中学生の体力の低さは全国都道府県で比べるとワースト10に入っているのだ。


平成27年度全国体力・運動能力、運動習慣等調査 愛媛県の結果概要(公立学校) から抜粋​

 我々、愛媛MPはここに強い危機感を持っている。未来を担っていく子供たちの体力/運動能力の低下は、地域活性化を鈍化させるからだ。「あくまで数種目の運動能力の数値結果ではあるが、これは由々しき問題ではないだろうか。将来、子供たちがどのような仕事に就くとしても、まずなによりも身体が資本だからだ。すぐに大きなことはできないが、私たちがお世話になっているここ愛媛の子供たちに、私たち球団ができることはなにか、と考えました。」
我々はオフシーズンにはできる限り地域貢献のため、小・中学校などに出向き先生の代わりとなって野球遊びを行い、体力向上へつなげたいと考えている

小学校へ出向き、投力向上教室を開催


現在、子どもたちの体力が減少傾向にあるのはゲームなどの流行だけが原因ではない。
「今、子どもたちが自然と遊ぶ場所が無くなってきている。公園ですらボール遊びが禁止になっている。このままでは子どもたちの体力は落ちていくばかりだ。」

運動を禁止する立て看板が残念ながら愛媛にも多い​

今の環境も含めて、そうさせてしまっていると語る愛媛MP。球団として、選手として危機感を募らせている。
「野球チームはたくさんあるが、この地域でプロとして活動しているのは自分たちだけ。子どもたちは単に体の使い方などを知らないだけだ。きちんと投げるフォームを教わっていない、その機会が減少してしまっている。キャッチボールや投げるフォームを教えてあげるだけで、子どもたちは自然に上手くなる。」
きっかけを増やしてあげることで、子供達は飛躍的に改善するのだ。

少年野球チームにも進んでレッスンを行っている​

「少子高齢化が進む社会のなかで、このままでは野球を愛する人が、チャレンジする人がどんどん少なくなってしまう。地元愛媛からスポーツ好きな子どもを育て、野球を愛する人を育てるのも我々愛媛MPの大きな役割だと感じている」と熱く語っている。
 

◆様々な地域貢献

 われわれ独立リーグのオフシーズンは地域貢献活動のもっとも盛んな時期と言える。普段ご支援いただいている皆様に、感謝し、地域のプロスポーツ団体としてできることは全てやるつもりだ。シーズン中には実現できなかったことでも、オスシーズンなら可能な場合もある。地域のお祭り、学校への訪問、街の清掃活動、など。全ての要望に応えるのは難しいかもしれない。子どもたちが夢を諦めずに挑戦するのと同様に、我々も要望には知恵をだし、応えていきたいと思っている。

幼稚園にも訪問し、スポーツの楽しさを伝える選手​
 

◆最後に「支援」のお願い

だからこそ彼らに、そして愛媛にゆかりある人たちに応援して欲しい。我々はたとえメンバーが代わってしまっても、愛媛を愛する心、愛媛の子供たちを思う気持ちは球団として変わりません。そして夢を与える球団であり続けたいのです。
実は独立リーグではレギュラーシーズンである3月から10月末までしか契約期間がない。地域貢献している間、選手、スタッフは無給期間でもあるのだ。少しばかりの交通費とその日取る食事代程度。それでも支援いただいている地域の方々には感謝の気持ちを伝えたい一心での活動なのだ。生活するためのアルバイトの時間を削り、子供たちに接する時間を作り出しています。この活動に皆様のお力添えをいただければ幸いです。一緒に未来ある若者を育てていきましょう!支援していただいた方には感謝の意を表し、丁寧なお礼をさせて頂きます。集まった支援は主に地域支援活動のサポートに利用させていただきます。
 
支援コースの内訳は以下の通りです
 ・500円/月
 ・1,000円/月
 ・3,000円/月
 ・5,000円/月
・10,000円/月
・30,000円/月
・50,000円/月
・100,000円/月
 
いつも応援くださっている皆様、遠くの地にいながらも応援くださる皆様、選手にゆかりのある皆様の長きにわたる支援をどうぞよろしくお願いいたします。

 

現在26人がサポートしています

サポートする

リターン

※リターンは支援金額が大きい支援者ほど、多くのリターンの権利をもらえます。ただし、同額の場合は支援開始日が早い順となります。

ALL サポーター
オープンニング動画
感謝の集いのオープニングで流す予定で、2017シーズンを振り返るMovieを制作予定。こちらの動画をデータで提供予定

Top12 サポーター

上記リターンに加えて

使用済公式球のサイン入り
シーズン中に利用した公式球にご希望選手(スタッフ)のサイン入り

Top10 サポーター

上記リターンに加えて

愛媛県産農産物詰め合わせAセット
みかんをはじめとする愛媛県の農産物を選手が詰め合わせます

Top2 サポーター

上記リターンに加えて

「愛媛マンダリンパイレーツ 2017シーズン 感謝の集い」へのご招待
2017シーズン終了後に行われる感謝の集いへご招待します。※総額1万円以上ご支援の方に限る

現在26人がサポートしています

サポートする

イベント

2016年10月

10/31 (月)
00時~
感謝の集い

現在26人がサポートしています

サポートする